新しい環境で自分を高めたい

2017年2月8日 / 未分類

退職の原因が労働時間の長さである場合には「生産性の高い仕事が希望」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「新しい環境で自分を高めたい」と記載すると良いと思います。

言いかえることでネガティブな転職理由も、肯定的なものになります。履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。面接の場では、身だしなみにはしっかり気をつけるようにしましょう。清潔感漂う服装で面接を受けるのが大切です。緊張するだろうと思いますが、模擬練習をしておき、面接に備えるようにしてください。面接の時に問われることは決まりきっているものなので、事前に、答えを想定しておくことが大事です。どのような転職理由が好印象かというと、最初に、どうして転職しようと考えたのかを頭に浮かべてください。

そのまま言う訳ではないので、正直にノートに書き出してみましょう。

そして、それをできるだけ良い印象になるように書き直してみてください。
転職の理由を長く語ると言い訳をしてくるように聞こえてしまうので、あまり長くならないようにしましょう。
転職活動は在職中から行動を始め、転職先が決まってから辞めるのがベストです。退職してからの期間の時間が自由に使えますし、すぐにでも働くことができますが、転職先がすぐに決まらない状況もありえます。無職の間が半年以上になってしまうと、転職先が見つかりにくくなりますから、勢いで現状の職を退職しないようにしましょう。焦りながら転職活動を行うと、冷静な判断ができずに、年収が低くても働ければいいかと仕事を選んでしまうこともあります。

その結果、以前よりも収入が悪くなることもよくあります。これでは、何のために職を変えたのかわかりませんね。収入的にも満足できる転職を目指すのなら、腰をすえて仕事を探さないといけません。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る