インプラント治療

2017年2月8日 / 未分類

頑張って終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアがもとめられます。
食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっとつづきます。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査を初め、多彩な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通りおこない、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと考えてはいけません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

歯根をふくめて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特徴ということになります。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうかしることが大切です。とりワケ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にまあまあの危険が伴います。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る